シュトーレン専門店 【シュトーレン.jp】ルセットの極上シュトーレンを販売しております

シュトーレンとは

ドイツのお菓子といえばバームクーヘンが日本では有名ですが、(※ドイツでバームクーヘンは殆どみかけません。)実はドイツで最も有名なお菓子はシュトーレンとよばれるお菓子です。

シュトーレンは元々ザクセン州の州都ドレスデン市でクリスマス時期に焼かれる郷土菓子でしたが、今やドイツを代表するお菓子として、クリスマス時期になるとドイツ中のケーキ屋さんパン屋さんで焼かれています。


ドイツの伝統の味、シュトーレン

シュトレンの歴史はザクセン地方で、クリストブロート(Christbrot)、シュトリーツェル、シュトロッツェル、シュトルッツェルなどと呼ばれていた1329年にさかのぼります。

この地域の方言から、シュトーレまたはシュトーレンと呼ばれていたようです。白い粉砂糖に包まれたこのパンは、キリスト誕生の「むつきに包まれた子供」の象徴のようです。


1474年、ドレスデンホフのバートロモイス病院(Bartholomaeus-Hospital)の診療費のため、精進食としてあったことが知られています。当時は、小麦粉、水、酵母、少々の油で作られており、バターの使用は禁止されていました。そのため味気がなく、1450年に、ザクセン地方のエーンスト選帝候と兄弟のアルベルトが、ローマのニコラス5世にバターの使用願いを提出し、1491年にイノセンツ8世より許可を得たことが、歴史上ブタ-ブリーフ(Butterbiref)として知られています。

また、ドイツで一番古い1434年からあるクリスマス市場の、ドレスデンのシュトリ-ツェル市場(Striezelmarkt)でシュトレンがシュトリーツェルという名であったことも知られています。

1560年には、シュトレンパン職人が、クリスマス市場でシュトレンを1~2個売っていました。

その後、1730年に王の命令に応じて、ドレスデンで8人のマイスターと8人の職人が、長さ1,5メートル、重さ1,8トンの巨大なシュトレンを作り、城に運びました。このことから、現在ドレスデンでは、毎年第2アドヴェントの日曜日に、巨大なシュトレンを作り、シュトレン祭りが開催されています。


クリスマス時期のシュトーレンの食べ方

クリスマスの4週間前、キリスト教でいう降臨節(アドベント)にシュトーレンとろうそく4本を用意します。
ろうそくは日曜日ごとに1本ずつ灯しだんだんと明るくし、シュトーレンはスライスしてすこしずつ食べます。
クリスマスを迎えるころにはろうそく4本すべてに火が灯り、部屋が明るく暖かくなり、シュトーレンはちょうど食べきるころになります。

今では夏が終わるとスーパーでシュトーレンを売り出しているので、クリスマスまでの間、食べたいときに食べるという風に変わってきています。夕食後のひとときに一切れづつ食べ、クリスマスに食べきるのが通常でしょう。
たとえば、クリスマス時期に会合や集まり、来客などがあると、お茶菓子にもシュトーレンを食べます。
各家々や地方によっても違うのですが、フランクフルト辺りでは、クリスマスまでお茶菓子代わりにどんどん切って、何本も食べます。

少しずつ食べていく習慣については、昔、高価な材料があまり手に入らず、クリスマスという特別な時にだけ食べられるお菓子ということで、一切れずつ大切に味わって食べていたのではないか、と言われています。


シュトーレンの種類

シュトーレンは、ドイツの伝統的なお菓子だけあって、その分量や呼称に法律で定義がつけられているものもあります。

ドレスナーシュトーレン(Dresdner Stollen)
小麦粉100%に対し、バター20%、マーガリン20%、ドライフルーツ70%、アーモンド10%。
ドレスナーシュトーレンは、ドイツ国法では、ドレスナーで作ったもの以外でこの名称を使うことが禁じられており、ドレスナー以外で作られたシュトーレンで、この総称を使いたい場合は、ドレスナー種のシュトーレン(Stollen nach Dresdner Art)と呼ばれます。ただし分量についての規定ではなく、ドレスナーのパン屋さんがそれぞれの材料と配分で作るので、上記の配分が規定されているわけではありません。
クリストシュトーレン(Christstollen)
一般的に呼ばれている名称の基本のシュトーレンになります。
シュトーレンと呼ばれるものは、小麦粉100%に対し、バター(82%以上のバター)が最低30~50%の分量含まれているもの、または、純正バター(バター100%)が最低24.6%、マーガリンでは30.75%の脂肪分が含まれているものと食品法で規定されています。
乾燥物の分量は、小麦粉100%に対し、最低60%が含まれなければなりません。
上記の規定にそぐわないものは、シュトーレンと称することができないことが定められています。
ヴァイナハツシュトーレン(Weihnachtsstollen)
上記と同じものの別名で、規定されている名前ではありません。一般的に上記と同じように使用されています。
小麦粉100%に対し、バターの量30%、ドライフルーツ60%。
バターシュトーレン(Butterstollen)
小麦粉100%に対し、バター40%、ドライフルーツ70%。
(補足)純正バター(100%バター)の場合は32.8%です。バターの名称の配分が規定されています。
マパジパンの使用は禁止されています。
マンデルシュトーレン(Mandelstollen)
小麦粉100%に対し、バター30%、アーモンド20%、アーモンドの最低量20%、加えて、パジパン(モモの種で作られた、マジパンに似せて作られたもの)の使用は禁止されています。
その他シュトーレンのアレンジされたもの。
マジパンシュトーレン(Marzipanstollen)
真ん中にマジパンが入っており、30%以上使用されているもの。
モーンシュトーレン(Mohnstollen)
中にブルーポピーのクリームが渦巻状に巻き込んであるシュトーレン。
小麦粉100%に対し、モーンが8%以上使用されているもの。
クヴァークシュトーレン(Quarkstollen)
小麦粉100%に対し、クヴァークを40%配合したシュトーレン。
クワークを10%以上使用しているもの。